持続可能な社会への取り組み

私たちは環境に配慮します。

ホテル・ベルヴェデーレは、いつも環境に配慮しています。自然を守り、限られた資源を守るための努力を惜しみなく注ぎます。そのため、パイプラインをはじめとする数々の方策を打っています。ここではそのいくつかをご紹介しましょう。

熱ポンプ

熱ポンプは屋内プールと屋外の塩水ジャグジーを温めるだけでなく、ホテル内の大半のお湯を供給。太陽光を利用するポンプの設置も計画されています。

ウッドボイラー発電システム

2010年、グリンデルワルトは製材所や建築現場からの廃材や、強風で倒れた材木を利用したウッドボイラー発電所を設立しました。当ホテルは2016年よりこの発電システムを導入予定。これにオイルバナーを追加すれば、熱ポンプの不具合や停電の際のバックアップとなります。

ゴミの分別

ゴミは紙、段ボール、ガラス、金属、生ゴミと分別を徹底。ゴミの量を減らすため 様々な方策がとられています。

余熱の再利用

暖房や換気設備の余熱は、屋内プールを温めるため再利用されています。

レストランの空調

エネルギーを大量消費する空調システムの代わりに、当ホテルでは夏の間、冷たい水をパイプに引く空冷システムでレストランの温度を調節しています。使用後の水は大地に戻されます。

持続可能な社会に取り組むトラベライフ